法金剛院 表門
法金剛院 中門
法金剛院 境内
法金剛院 苑池

サービス一覧

お食事処

レンタル傘

バリアフリー

ペット同伴可

トイレ

授乳

おむつ替え

クレジット
カード可

電子マネー

自動販売機

宿坊

休憩所

路面
(舗装済)

周遊時間
(15分以上)

コインロッカー

概要
基本情報
みどころ
⾏事・
イベント
アクセス

概要

  • 正式名
    法金剛院(ほうこんごういん)
  • 別称
    蓮の寺
  • 宗派
  • 本⼭
    律宗総本山 唐招提寺
  • 本尊
    阿弥陀如来
  • 墓・納骨堂について
    不明
  • 宗派の開祖
    鑑真
  • 由来・由縁・ゆかり
    法金剛院は律宗・唐招提寺に属している。この寺は平安時代の初め、天長の頃(八三〇)右大臣清原夏野が山荘を建て、死後、寺として双丘寺と称した。その頃、珍花奇花を植え、嵯峨、淳和、仁明の諸帝の行幸を仰いだ。殊に仁明天皇は内山に登られ、その景勝を愛で、五位の位を授けられたので、内山を五位山という。次いで文徳天皇が天安二年(八五八)大きな伽藍を建て、定額寺に列し天安寺とされた。平安時代の末、大治五年(一一三〇)鳥羽天皇の中宮待賢門院が天安寺を復興し、法金剛院とされた。寺は五位山を背に中央に池を堀り、池の西に西御堂(言本尊丈六阿弥陀如来)南に南御堂(九体阿弥陀堂)東に女院の寝殿が建てられ、庭には瀧(青女の瀧)を造り、極楽浄土を模した庭園とした。その後、三重塔・東御堂・水閣が軒をならべ、桜・菊・紅葉の四季折々の美観は見事なもので、西行はじめ多くの歌人が歌を残している。また、西行は美貌の待賢門院を深く思慕していたと言う。鎌倉時代になって、円覚十万上人が融通念仏(壬生狂言・嵯峨念仏)を広め、寺門を復興したが、応仁の乱・天正・慶長の震災で、堂宇を失い、元和三年(一六一七)照珍和尚が本堂・経蔵等を建立されたが旧に復することが出来なかった。
  • 札所等
    関西花の寺第一三番霊場

禁⽌事項・注意事項

脚付きカメラ使用禁止

引用元

http://houkongouin.com/

基本情報

  • 名称
    法金剛院(ほうこんごういん)
  • 所在地
    〒616-0844
    京都府京都市右京区花園扇野町49番地
  • 位置・海抜
    北緯35.0度、東経135.7度、海抜45.4m
  • 開閉門時間
    9:30~16:30(毎月15日・特別拝観日のみ)
  • 参拝料/拝観料
    大人500円 小人300円
  • 授与所の開いている時間
    9:30~16:00
  • お問い合わせ先
  • 電話番号
  • ホームページ
  • 山号
    五位山
  • 重要⽂化財有無
    あり
  • 寺務所
    あり

引用元

http://houkongouin.com/

宝物・什物

  • 国宝
    丈六阿弥陀如来
    平安時代
    平安時代 西御堂の本尊で、藤原仏を代表する丈六阿弥陀如来。院覚の作で蓮弁の彫刻は誠に豪華である。(古くは平等院・法界寺と共に定朝の三阿弥陀といわれた。)
  • 重要文化財
    十一面観世音菩薩
    鎌倉時代
    鎌倉時代 坐像で四手の十一面観音菩薩は珍しい。仏身は粉溜塗で、鳳凰の盛上彩色文や截金文がある。おびただしい瓔珞は、荘厳である。
  • 重要文化財
    僧形文殊菩薩
    平安時代
    平安時代 一木彫。珍しい僧形の文殊菩薩で、老相が誠に巧みである。
  • 重要文化財
    地蔵菩薩
    平安時代
    平安時代 一木彫。ずんぐりした体つき衣文に古様を見せる。

引用元

http://houkongouin.com/

表示するデータがありません。

引用元

http://houkongouin.com/

アクセス

所在地

〒616-0844
京都府京都市右京区花園扇野町49番地


アクセス

JR嵯峨野山陰線 花園駅を出て、丸太町通りを西へ歩いて約5分。

駐車場

あり

引用元

http://houkongouin.com/