安楽寺 山門
安楽寺 本堂
安楽寺 momiji
安楽寺 地蔵堂

サービス一覧

カフェスペース「椛 momiji」(飲み物のみ)

お食事処

レンタル傘

バリアフリー

ペット同伴

トイレ

授乳

おむつ替え

クレジット
カード

電子マネー

自動販売機

宿坊

多目的スペース「桜谷町47」カフェスペース「椛 momiji」

休憩所

石畳/一部砂利

路面
(舗装済)

周遊時間
(15分以上)

コインロッカー

概要
基本情報
みどころ
⾏事・
イベント
アクセス

概要

  • 正式名
    安楽寺(あんらくじ)
  • 宗派
  • 本尊
    本尊阿弥陀三尊
  • 開⼭・開基
    住蓮上人 安楽上人
  • 御朱印

    この御朱印帖は、現代の美人画家「鶴田一郎画伯」による両姫の美しいお姿を再現した御朱印帖です。

  • 墓・納骨堂について
    あり
  • 宗派の開祖
    法然
  • 由来・由縁・ゆかり
    住蓮山安楽寺は、京都左京区鹿ヶ谷にあります。法然上人の弟子、住蓮上人と安楽上人を開基とします。この開山両上人が、現在地より東1キロメートルあたりに「鹿ヶ谷草庵」を結び、布教活動の拠点を持たれたのがこの寺のはじまりです。

    山門前の石柱には、「浄土礼讃根元地」と刻まれています。開山両上人は、唐の善導大師(ぜんどうだいし)の『往生礼讃』に大原魚山(天台宗)の礼讃声明(らうさんしょうみょう)を転用して浄土礼讃を完成されました。両上人が称える礼讃は誠にすばらしく、両上人の前で出家を希望する人もありました。

    その中に、後鳥羽上皇の女官、松虫姫と鈴虫姫がおられました。両姫は、法然上人や開山両上人から念仏の教えを拝聴し感銘され、いつしか仏門に入りたいと願うようになりました。建永元年(1206)12月、両姫は後鳥羽上皇が紀州熊野に参拝の留守中、夜中秘かに京都小御所を忍び出て「鹿ヶ谷草庵」を訪ね剃髪、出家を乞います。最初、両上人は出家を認めませんでしたが、両姫のお詠に感銘されます。
    「哀れ憂き この世の中にすたり身と 知りつつ捨つる 人ぞつれなき」

    19歳の松虫姫は、住蓮上人から剃髪を受け「妙智法尼」と法名を授かります。また17歳の鈴虫姫は、安楽上人から剃髪を受け「妙貞法尼」と法名を授かります。

    この事を知った上皇は激怒し、念仏の教えを説く僧侶に弾圧を企てます。翌建永2年2月9日、住蓮上人は近江国馬淵(まぶち)(現在の滋賀県近江八幡市)で、同日安楽上人は京都六条河原(東本願寺近く)で斬首されました。この迫害はこれに止まらず、法然上人を讃岐国(香川県高松市)に流罪、親鸞聖人を越後国(新潟県上越市)に流罪に処します。いわゆる建永(承元)の法難です。

    その後、両姫は瀬戸内海に浮かぶ生口島の光明防で念仏三昧の余生を送り、松虫姫は35歳、鈴虫姫は45歳で往生を遂げたと伝えられています。

    また、両上人の亡き後、「鹿ヶ谷草庵」は荒廃しましたが、流罪地から帰京された法然上人が両上人の菩堤を弔うために草庵を復興するように命ぜられ「住蓮山安楽寺」と名付けられました。その後、天文年間(1532〜55)に現在地に本堂が再建され、今日にいたっています。
  • 札所等
    法然上人二十五霊場 番外寺院

引用元

http://anrakuji-kyoto.com/

基本情報

  • 名称
    安楽寺(あんらくじ)
  • 所在地
    〒606-8422
    京都府京都市左京区鹿ケ谷御所ノ段町21番地
  • 位置・海抜
    北緯35.1 東経135.4 海抜93.2m
  • 開閉門時間
    10:00~16:00(春秋のみ特別公開)
  • 参拝料/拝観料
    500円(中学生以下無料)
  • 電話番号
  • ホームページ
  • 山号
    住蓮山
  • 重要⽂化財有無
    なし

引用元

http://anrakuji-kyoto.com/

境内施設

  • 山門
  • 本堂
  • 書院
  • 阿弥陀如来像
  • 住蓮上人・安楽上人両上人像 松虫鈴虫両姫像
  • 法然上人
  • 地蔵堂
  • 佛足石
  • 椛 momiji

引用元

http://anrakuji-kyoto.com/

寺社⾏事

  • カボチャ供養
    7月25日
    住蓮山安楽寺では、毎年7月25日の9時から15時(入山)まで「中風まじない鹿ヶ谷カボチャ供養」を勤めています。当日ご参拝されたお方に、煮炊きされた鹿ヶ谷カボチャを食べていただき、中風にならないよう祈願する行事です。
  • くさの地蔵縁日
    2015年5月2日より毎月2日/10時開門~16時閉門
    /入山料 500円 お土産付き 2015年5月2日、再建された地蔵堂で開眼供養を受けられたお地蔵様に合わせて、150年ぶりに「地蔵縁日」を再開されました。これから、お地蔵様の誕生日にあたる毎月2日は安楽寺の「地蔵縁日」を皆様お誘いあわせてお参り下さいませ。

引用元

http://anrakuji-kyoto.com/

アクセス

所在地

〒606-8422
京都府京都市左京区鹿ケ谷御所ノ段町21番地


アクセス

京都駅から 市バス5号系統「岩倉操車場」ゆき「真如堂前」下車 徒歩約15分
四条河原町から 市バス203号系統「祇園・錦林車庫」ゆき「真如堂前」下車 徒歩約15分
出町柳駅から 市バス17号系統、102号系統、203号系統 「錦林車庫前」下車 東へ徒歩約15分
神宮丸太町駅から 市バス93号系統、204号系統「錦林車庫前」下車 東へ徒歩約15分

引用元

http://anrakuji-kyoto.com/