誓願寺 山門
誓願寺 本堂
誓願寺 立札
誓願寺 本尊

サービス一覧

お食事処

レンタル傘

バリアフリー

ペット同伴

トイレ

授乳

おむつ替え

クレジット
カード

電子マネー

自動販売機

宿坊

休憩所

路面
(舗装済)

周遊時間
(15分以上)

コインロッカー

概要
基本情報
みどころ
⾏事・
イベント
アクセス

概要

  • 正式名
    誓願寺(せいがんじ)
  • 宗派
  • 本⼭
    浄土宗西山深草派総本山誓願寺
  • 寺格
    総本山
  • 本尊
    阿弥陀如来
  • 開⼭・開基
    天智天皇
  • 御朱印

    洛陽六阿弥陀霊場御朱印

    洛陽三十三観音霊場朱印

    新西国三十三観音霊場朱印

    円光大師法然上人二十五霊場朱印

    鑑知国師西山上人十六霊場

    慈摂大師真盛上人二十五霊場

  • 創建
    天智天皇6年(667)
  • 墓・納骨堂について
    あり
  • 歴史
    誓願寺は飛鳥時代、天智天皇6年(667)、天皇の勅願により創建されました。もともとは奈良にあったのですが、鎌倉初期に京都の一条小川(現在の上京区元誓願寺通小川西入る)に移転し、その後、天正19年(1591)に豊臣秀吉の寺町整備に際して現在の三条寺町の地に移されました。
    清少納言、和泉式部、秀吉の側室・松の丸殿が帰依したことにより、女人往生の寺として名高く、また源信僧都は当寺にて善財講を修し、一遍上人も念仏賦算を行なわれました。
    平安時代後期、法然上人が興福寺の蔵俊僧都より当寺を譲られて以降、浄土宗になり、現在は法然上人の高弟・西山上人善恵房證空の流れを汲む浄土宗西山深草派の総本山です。
  • 由来・由縁・ゆかり
    「都名所図会(安永9年〔1780〕刊行)」によりますと、表門は寺町六角、北門は三条通りに面し、6500坪もの境内に塔頭寺院が18ヵ寺もあり、また三重塔もみられます。、 その当時、三条~四条間の「寺町通り」には大小11ヵ寺の寺院があり、盛り場を回るには、いちいち寺の門から出ては次の門をくぐるといったぐあいで、つまり塀で仕切られた寺ごとに独立して盛り場が続いていました。「誓願寺さんへ行こう」、「道場へ行こう」といえば、遊びを意味するほどに寺町界わいは洛中一賑わっていた場所だそうです。
    ところが、明治維新で千年余続いた都が東京へ移り、幕末の戦乱「禁門の変」(蛤御門の変)で辺りは焼け野原となってしまいました。こうした寂しい背景のもと、復興への手がかりを与えようと明治5年(1872)、時の京都府参事・槇村正直は、すでに芝居小屋、見せ物小屋の集っていた誓願寺境内と四条寺町を上がった位置にあった金蓮寺境内(時宗・四条道場)に目をつけ上地(没収)し、三条~四条間に新しい路を通し、一大歓楽街を作ろうとした。これが現在の「新京極通り」です。このため誓願寺は、6500坪を有していた境内の内、4800余坪の土地を没収されることになります。
    寺町六角に誓願寺の表門(四脚門)があり、通称「たらたら坂」(新京極三条下る)と呼ばれる坂には、明治30年頃まで誓願寺の黒門(北門)があったということは、境内地を失った今では知る由もありません。
    また誓願寺は京都の中心地に位置するために戦乱等の影響を受けやすく、これまで10回もの火災に遭っています。しかし、そのたびに多くの信者たちによって再建されてまいりました。現在の鉄筋コンクリートの本堂は昭和39年(1964)に建てられました。
    度重なる火事の悲劇は、かえって多くの人々を誓願寺に結縁させ、念仏の信仰を育んできたのであります。
  • 札所等
    ・洛陽六阿弥陀霊場第六番
    ・洛陽三十三観音霊場第二番
    ・新西国三十三観音霊場第十五番
    ・円光大師法然上人二十五霊場第二十番
    ・鑑知国師西山上人十六霊場第九番
    ・慈摂大師真盛上人二十五霊場第六番

引用元

https://www.fukakusa.or.jp/

基本情報

  • 名称
    誓願寺(せいがんじ)
  • 所在地
    〒604-8035
    京都府京都市中京区新京極桜之町453
  • 位置・海抜
    北緯35.0度、東経135.7度、海抜39.7m
  • 開閉門時間
    9:00~17:00
  • 参拝料/拝観料
    なし
  • お問い合わせ先
  • 電話番号
  • ホームページ
  • SNS
  • 山号
    深草山
  • 重要⽂化財有無
    あり
  • 寺務所
    あり

引用元

https://www.fukakusa.or.jp/

宝物・什物

  • 重要文化財
    絹本著色誓願寺縁起
    鎌倉/桃山時代

境内施設

  • 北向地蔵尊
  • 一言観音菩薩
  • 鐘楼
  • 扇塚

ゆかりのある著名⼈

  • 安楽庵策伝上人
    あんらくあんさくでん
    戦国時代、誓願寺の第五十五世法主「安楽庵策伝上人」は、優れた説教師であるとともに、松永貞徳・小堀遠州らと親交を深めた文化人でもありました。 策伝上人は、ともすれば小難しくなりがちな「お説教」に、ふとした笑い話を含め、人々に分かりやすく、また親しみやすくお話になられました。またそれらの話を集めた「醒睡笑 (せいすいしょう:八巻)」という書物を著し、それが後世、落語のネタ本となったことで「落語の祖」とも呼ばれ、それにより誓願寺も落語発祥の地として知られております。

引用元

https://www.fukakusa.or.jp/

表示するデータがありません。

引用元

https://www.fukakusa.or.jp/

アクセス

所在地

〒604-8035
京都府京都市中京区新京極桜之町453


アクセス

・京都市バス「河原町四条」「河原町三条」下車 徒歩約5分
・地下鉄「京都市役所前」駅下車 徒歩約5分
・京阪電車「三条」駅下車 徒歩約10分

駐車場

なし

引用元

https://www.fukakusa.or.jp/