安養寺 山門
安養寺 立札
安養寺 境内
安養寺 北向地蔵尊

サービス一覧

お食事処

レンタル傘

バリアフリー

ペット同伴

トイレ

授乳

おむつ替え

クレジット
カード

電子マネー

自動販売機

宿坊

休憩所

石畳

路面
(舗装済)

周遊時間
(15分以上)

コインロッカー

概要
基本情報
みどころ
⾏事・
イベント
アクセス

概要

  • 正式名
    安養寺(あんようじ)
  • 別称
    倒蓮華寺(さかれんげじ)
  • 宗派
  • 本⼭
    浄土宗西山禅林寺派 総本山 禅林寺(永観堂)
  • 本尊
    阿弥陀如来
  • 開⼭・開基
    恵心僧都
  • 御朱印

  • 御朱印備考
    功徳日の日以外は一階の庫裏にて受付
  • 創建
    寛仁二年(1018)
  • 墓・納骨堂について
    不明
  • 歴史
    浄土宗西山禅林寺派に属する寺である。由緒はきわめて古く、寛仁二年(一〇一八) 阿弥陀如来が奈良県當麻に建てた蓮台院が当寺の起こりで、次いで恵心の妹安養尼が居住して安養寺と改名した。
    天永年間(三〇頃)隆暹が京都に移し、鎌倉時代に入って証仏が大いに寺運をひろめた。
    天正年間(一五八〇頃)豊臣秀吉によってこの地に移された。
    本尊は阿弥陀如来立像で、八枚の蓮華を逆さに置いた上に立っているのが特徴で、このことから倒蓮華寺と呼ばれる。
    伝説によれば、本尊をつくる際、蓮座がどうしても壊れるので、蓮華を逆さにしたところ、無事完成した。これは女人は業が深く、心の蓮華はさかさまとなっていて極楽往生できないので、これを救済するため、わざと蓮華を逆さにしたのだといわれる。
    この本尊にまつわる伝説によって、昔から特に女性の信仰が深い。
  • 札所等
    洛陽六阿弥陀めぐり第5番

基本情報

  • 名称
    安養寺(あんようじ)
  • 所在地
    〒604-8046
    京都府京都市中京区中之町新京極通下る東側町511
  • 位置・海抜
    北緯35.0度、東経135.7度、海抜39.2m
  • 参拝料/拝観料
    なし
  • お問い合わせ先
  • 電話番号

表示するデータがありません。

表示するデータがありません。

アクセス

所在地

〒604-8046
京都府京都市中京区中之町新京極通下る東側町511