仲源寺 山門
仲源寺 本堂.仲源寺 境内.仲源寺 立札
  • 最寄駅
    京阪「祇園四条」駅
  • 開閉門時間
    7:00~17:00
  • 電話番号
  • 対応言語

サービス一覧

お食事処

レンタル傘

バリアフリー

ペット同伴

トイレ

授乳

おむつ替え

クレジット
カード

電子マネー

自動販売機

宿坊

休憩所

石畳

路面
(舗装済)

周遊時間
(15分以上)

コインロッカー

概要
基本情報
みどころ
⾏事・
イベント
アクセス

概要

  • 正式名
    仲源寺(ちゅうげんじ)
  • 別称
    目疾地蔵(めやみじぞう)
  • 宗派
  • 本尊
    地蔵菩薩
  • 御朱印

    洛陽三十三所観音霊場第16番

  • 創建
    治安2年(1022年)
  • ご詠歌
    さしのべん せんじゅのみてを もろびとに きをんのまちに おわすみほとけ
  • 墓・納骨堂について
    不明
  • 納札・納経について
    あり
  • 由来・由縁・ゆかり
    浄土宗に属する寺院で、一般に「目疾地蔵」の名で人々に親しまれている。平安時代の治安2年(1022年)、仏師定朝が四条橋の東北に地蔵菩薩を祀ったことに由来する。
    寺と地蔵菩薩の名の由来は、安貞2年(1228年)の鴨川氾濫時に、勢多判官中原為兼が、防鴨河使になった際、この地蔵菩薩が溺れ人を救う姿を見、それ以降地蔵菩薩を「雨止地蔵」と称し、「中原」の傍らに人と水を添えて寺名としたことによる。
    その後、信仰深い老夫婦の眼病を自らの右目に移し、苦しみを救ったという逸話から、いつしか「目疾地蔵」になり、現在も眼病治療に霊験があるとして広く信仰を集めている。
    本堂の地蔵尊像の傍らには室町時代の作と言われる「山越阿弥陀像」を祀る。また、観音堂には平安後期の春日仏師の作とされる木造の千手観音座像(重要文化財)が安置されている。
  • 札所等
    洛陽三十三所観音霊場第16番
    通称寺の会
  • ご利益

基本情報

  • 名称
    仲源寺(ちゅうげんじ)
  • 所在地
    〒605-0074
    京都府京都市東山区祇園町南側585
  • 位置・海抜
    北緯35.0度 東経135.7度 海抜38.8m
  • 開閉門時間
    7:00~17:00
  • 参拝料/拝観料
    なし
  • 授与所の開いている時間
    9:00~16:30
  • お問い合わせ先
  • 電話番号
  • 重要⽂化財有無
    あり
  • 寺務所
    あり

宝物・什物

  • 重要文化財
    木造千手観音坐像
    平安時代
    平安後期の春日仏師の作とされる

境内施設

  • 観音堂
    平安後期の春日仏師の作とされる木造の千手観音座像(重要文化財)が安置されている。
  • 大黒天・天道大日如来・妙見大菩薩・道了大権現
  • 水子供養地蔵尊

表示するデータがありません。

アクセス

所在地

〒605-0074
京都府京都市東山区祇園町南側585


アクセス

京阪「祇園四条」駅徒歩3分

駐車場

なし