恋塚寺 山門
恋塚寺 本堂
恋塚寺 境内
恋塚寺 立札
  • 最寄駅
    市バス「下鳥羽城之越町」
  • 開閉門時間
    おおよそ日中
  • 電話番号
  • 対応言語

サービス一覧

お食事処

レンタル傘

バリアフリー

ペット同伴

トイレ

授乳

おむつ替え

クレジット
カード

電子マネー

自動販売機

宿坊

休憩所

路面
(舗装済)

周遊時間
(15分以上)

コインロッカー

概要
基本情報
みどころ
⾏事・
イベント
アクセス

概要

  • 正式名
    戀塚寺(こいづかでら)
  • 宗派
  • 本尊
    阿弥陀如来
  • 開⼭・開基
    盛遠
  • 墓・納骨堂について
    あり
  • 住職
    安藤和彦
  • 歴史
    利剣山と号する浄土宗の寺院である。
    寺伝によれば、平安時代の末期、北面の武士遠藤武者盛遠が、渡辺佐衛門尉源渡の妻、袈裟御前に横恋慕し、誤って彼女を殺してしまった。
    盛遠は己の非道を深く恥じ、直ちに出家して、文覚と名乗り、彼女の菩提を弔うため、一宇を建立したのが、当寺の起こりといわれている。
    本堂には、本尊阿弥陀如来像の外、袈裟御前と源渡、文覚上人の三人の木像を安置している。
    境内には、宝筺印塔があり戀塚とよばれ、氣座御前の墓と伝えられている。本寺の縁起物語は、古来より人倫の大道を教えるものとして、物語、詩歌、謡曲などで知られている。
  • 由来・由縁・ゆかり
    袈裟御前の物語は古来より貞女の鑑という意味で世に傳えられ、その理想像として世人に知られているところである。
    それは渡辺の橋が完成したその供養の日のことである。北面の武士であった盛遠は、その日警護にあたっていた。この日橋のたもとで一目見かけた美しい女性に心を奪われ、もう一度逢いたい一心d、女性の身元を捜した。
    しかしわかったのは、あまりにつらい現実であった。かつて求愛したこともある、盛遠の従姉妹の袈裟であり、すでに同じ北面の武士である渡邉渡の妻となっているという。
    もとより気性の激しい盛遠は、袈裟の母、衣川のもとに行き「伯母上殿、かねてより袈裟を妻に迎えたいと内々申し上げたであろうに、渡のもとへ嫁がせるとは。。。袈裟を思うあまりに。わが身はもはや蝉の抜け殻。このう上は、一目なりとも袈裟に逢わねば収まらぬ。さぁ!袈裟をここへ!」と、刀を抜いて迫った。
    しかたなく衣川は、袈裟御前を呼び寄せることを承知した。しかし約束はしたものの、もし盛遠と袈裟を逢わせば渡の怨みを受けることは明らかであり、約束を破れば殺されるであろう。迷った衣川は袈裟のもとに仮病を使って手紙を送った。
    驚いて飛んできた袈裟を前に、衣川は涙を流しながら事の次第を話し、小刀を差し出し「盛遠の手にかかって死ぬよりは、可愛いお前の手で。。」と言葉を詰まらせた。袈裟もあまりの事態に驚きを隠せないでいたが、母の命を守るためと、盛遠と一度だけ会うことにした。
    しかし一目会うだけのはずが、盛遠は、渡を縁を切って自分の妻になれと迫った。きっぱり断る袈裟だったが、盛遠は衣川の命を盾に取り迫った。
    夫を裏切ることも、母の命を危険にさらすことも許されない「貞」と「孝」の間で袈裟の苦しみは増すばかりであった。が、やがて「承知いたしました」と。「けれど、私は夫のある身。私を妻にしたければ、渡を殺してください。そうでなければ、あなたの妻になることなどできません」「今宵、夫の渡に酒を飲ませ髪を洗わせて寝かせるので、いえに忍び入り、濡れた髪を頼りに首を取ってください」と告げる袈裟に、思いが通じたと無邪気に喜ぶ盛遠。
    約束どおり、渡邉の屋敷に忍び込み、暗がりの中、濡れた髪を頼りに首を討ち、着物にくるみ持ち帰った。
    しかし。。月明かりに照らし出されたのは。。愛しい袈裟の首であった。
    ようやく盛遠は、自分の罪深さを知り、渡邉の屋敷に取って返すと、渡にこれまでのいきさつを告げ、「殺してくれ」と刀をさしだした。が、渡は「今さら、そなたを裁いたところで何になろう・・
    私は出家して、袈裟の供養をして一生を過ごそう。それですこしでも袈裟の魂が安らぐのなら、それが私のしあわせだ」と髪を下した。
    それを見た盛遠は、渡の心の深さと、袈裟への愛情に心を打たれ、渡に手渡した刀をつかみ上げ。。自らの髪を切り捨てた。
    やがて盛遠は「文覚」と名を改め、袈裟の眠る場所に寺院を建立した。
    それが今もある「利剣山 戀塚寺」である。

基本情報

  • 名称
    戀塚寺(こいづかでら)
  • 所在地
    〒612-8466
    京都府京都市伏見区下鳥羽城之越町132
  • 位置・海抜
    北緯34.9度、東経135.7度、海抜15.4m
  • 開閉門時間
    おおよそ日中
  • 参拝料/拝観料
    なし
  • お問い合わせ先
  • 電話番号
  • 山号
    利剣山

境内施設

  • 茅葺の山門
  • 袈裟御前戀塚

表示するデータがありません。

アクセス

所在地

〒612-8466
京都府京都市伏見区下鳥羽城之越町132


アクセス

市バス「下鳥羽城之越町」下車 西へ50メートル
地下鉄・近鉄「竹田」よタクシー約10分

駐車場

あり(数台)