男神社おのじんじゃ

大阪府泉南市男里1065番地

サービス一覧

お食事処

レンタル傘

バリアフリー

ペット同伴可

トイレ

授乳

おむつ替え

クレジット
カード可

電子マネー

自動販売機

宿坊

休憩所

路面
(舗装済)

周遊時間
(15分以上)

コインロッカー

概要
基本情報
みどころ
⾏事・
イベント
アクセス

概要

  • 正式名
    男神社(おのじんじゃ)
  • 由来・由縁・ゆかり
    元府社男神社は大阪府泉南郡泉南町男里即ち古への呼の郷の地ある。延喜式内神社で、本殿には、彦五瀬命・神日本磐余彦命、を祀り、相殿には天児屋根命・熊野速玉神を祀る。境内1万5千平方メートル(5千坪余)。老樹欝蒼として幽すい絶塵の神域をなしている。その北一キロ余の処に摂社浜宮がある。本社の元宮で、境内9千平方メートル(3、000坪)松樹茂って海風に鳴っている聖蹟雄水門は即ち此地である。神武天皇御東遷のみぎり、皇軍孔舎かの坂で長髄彦と御激戦した。此時、皇兄彦五瀬命が賊の流矢に中って御肱脛にきずを負はせられ「吾は日神の御子として、日に向ひて戦ふこと良はず、故れやっこが痛手をなも負ひつる。今よりはも行き廻りて日を背負ひてこそ撃ちてめ。」と仰せられた。よって皇軍は血沼の海即ち今の大阪湾を南進し紀伊に向わせられよとして紀元前3年5月8日(太陽暦6月20日)此地に御着き給うたが、彦五瀬の御傷いよいよ重らせられた。命は御悩みの中にも剣の柄を堅く握られ「慨哉、大丈夫にして被傷於虜手、報いずして死なむや。」と雄詰び給うたよって此地を雄水門といふ。命はやがて竃山に神去り給うたが、その「日を背負ひてこそ」と仰せられたことは、皇軍の作戦上重大な御意義を有つもので、また、「慨哉」と雄詰び給うたことは、皇軍の士気を鼓舞せられたことであろう。かねてより神武天皇の点業かい弘を輔翼し奉り、また皇軍の進撃中不滅の御勲功を立てさせているのである。即ち彦五瀬命雄詰の御遺蹟雄水門、今の浜宮の地に、命と神武天皇の御神霊を祀奉ったのが、当社で社伝によれば貞観元年3月今の地に御遷座し奉ったといふ。毎年10月11日の例祭には本社より聖蹟雄水門の地神輿渡御の儀が行われる昭和7年11月 畏き辺より幣帛料を下賜せられ給うた。まことに畏き極みである。

基本情報

  • 名称
    男神社(おのじんじゃ)
  • 所在地

    大阪府泉南市男里1065番地

表示するデータがありません。

表示するデータがありません。

アクセス

所在地


大阪府泉南市男里1065番地